NASの長期運用のための部品交換


ファイルデータのやり取りを可能にするサーバーの一種として、NASを使うことができます。

この機器をネットワークに備え付けておけば、データを記録したりバックアップを取っておきたい場合などに使うことができます。
シンプルな機能であるだけに、使うことができる場面は多いです。



しかし、機械である以上は、メンテナンスや交換の方法により修理の必要に備えておく必要があります。

もしNASが使えなくなった場合に備えておく方法があれば、安心です。

こうしたことから、故障が心配される部品については、定期的に交換しておくことが役立ちます。



長期で利用して故障する恐れがある部品として、冷却ファンや電源アダプターなどがあります。


冷却ファンは、運用時間が長いほど故障の可能性が高まります。
そのため、故障して冷却ファンが停止してしまう前に交換しておくと、ファンによる冷却機能を維持できます。

また、電源アダプターは、熱に晒され続けることにより、内部の電解コンデンサなどの部品の寿命が短くなります。


電源供給が途絶える前に、新しいACアダプターに交換しておくとトラブルを避ける事ができます。


情報電子機器であるNASにとって、電源供給は重要な基盤である事から、電源アダプターの劣化が心配されるようであれば、早めの交換が有効です。

NAVERまとめに関する情報収集をサポートします。

メンテナンス用の各種部品を簡単に手に入れられるNAS機器を選ぶことで、長期に渡る運用プランも十分に視野に入ります。